ピアノを長く使えるように、劣化しないように、良い環境で保管しておくことが大切になります。自分で使うだけでもそれは大切ですが、買取ってもらうことも考えると出来る限り良い状態にしておいたほうが査定額も良くなるでしょう。

 

 

こまめに掃除をしてきれいな状態を保つという目に見えるケアも大切ですが、環境も大切です。では具体的にどのような場所に置いておけばよいのでしょうか。

 

 

ピアノの保管に大切な温度と湿度

ピアノを保管しておくのに最も大切なのが温度と湿度です。ピアノにもっとも適した温度は15℃から20℃、湿度は夏季の場合40から70%・冬季の場合35から65%ぐらいとされています。人間が過ごしやすい温度と湿度はピアノにとっても良いんですねー。

 

 

湿度が高くなってしまうと鍵盤が上がってこなくなったり、音がこもってしまったり一部出なくなってしまったり…といった症状が出ます。木や金属、フェルトなどの素材の状態がわるくなってしまうとこのような事が起こります。ひどい場合、金属が錆びてしまいます。

 

 

反対に湿度が低くなると木の部分に影響が出てしまい、音程が乱れたり雑音が出たりなどの症状が現れます。ピアノというのは湿度が高くても低くても、悪い影響が出てしまう繊細な楽器なんですね。

 

 

温度・湿度を適正な状態に保つために…

ピアノに適正な温度・湿度は人間にとっても過ごしやすいものなので、良く居る部屋にピアノを置いておくのが良いと思います。そして除湿機や加湿器を使うことも大切です。特に日本は湿気が高いですから除湿機は必要ですね。

 

 

それにプラス、ピアノの内部に専用の除湿剤をいれておきましょう。これにより湿度変化を軽減してくれます。加えて防虫剤も入れておくとなお良いです。フェルト類を虫が食べてしまうことがあるんですよねー。

 

置き場所に注意!エアコンやファンヒーターの風が当たらないようにする

温度、湿度を適正に保つのが良いと説明しましたが、その際注意しなければなりません。それはエアコンやファンヒーターの風が直接当たらないようにするということです。また、ガスストーブや薪ストーブは強力な熱量なので、ピアノのある部屋では使わないほうが良いです。エアコンの真下も水滴が溢れることがあるのでやめたほうがよいでしょう。

 

 

あとは窓際に近い場所には置かないようにすることも大切です。外気の影響をうけやすいため、特に夏場は高温になりすぎて良くありません。また直射日光に当たることで色褪せてしまう原因にもなってしまいますから、出来る限りカーテンを閉めて、直射日光の当たらない中に置くようにしましょう。