家庭でできる、掃除方法

ピアノを査定して貰う前に、ピアノの状態をしっかりチェックしておくようにしましょう。出来る限り高く買取ってもらうためには分かっているとは思いますが、状態が良いことが大切になってきます。

 

 

少しでも良い状態にするために、査定前に掃除をしてピアノを綺麗にしておきましょう。査定前だけでなく、日頃から掃除するのが良いです。どのようにピアノを掃除するのか、よく分かっていない人もいるでしょうから、家庭でもできる掃除方法を説明していきたいと思います。

 

 

汚れやすい鍵盤のお手入れ

鍵盤というのはよく触れる箇所なので特に汚れやすいです。特に白鍵は汚れが目立ちやすく、黄ばみなどがついてしまうこともしばしばあります。まずは柔らかい布でから拭きをしましょう。白鍵だけでなく、黒鍵も忘れずに拭いてくださいね。

 

 

汚れがひどい場合には鍵盤専用のクリーナーで汚れを落としましょう。中性洗剤でも良いです。あまりつけすぎず、布に薄く染み込ませて丁寧に拭き取って下さい。アルコール類を使うとひび割れの原因になってしまうので使わないようにしましょう。

 

 

意外と汚れている外装面のお手入れ

表面に付いているほこりは毛ばたきで落としましょう。毛ばたきは羊毛製のものがおすすめです!ほこりを落としたら柔らかい布で汚れを落としていきます。

 

 

そして表面にツヤを出したいときには専用のツヤ出し剤で磨いて下さい。ただ、それぞれのメーカーで薬剤の合う合わないがあるので、一度メーカーに相談してみてください。家具用の外装手入れ剤はピアノに良くない成分が入っている事があるので使わないようにしましょう。

 

 

付属品は必要?修理はすべき?

今までに、何か物を買取ってもらった経験は1度くらいあると思います。商品の状態はとても大切ですが、付属品の有無というのも結構大切になってきます。全て揃っていると満額で買取ってもらえるんですよね。

 

 

ピアノはどうなのかというと、やっぱりあったほうが良いです。ピアノの上から被せるトップカバーや鍵盤の上に乗せる布などが無いと査定額が低くなってしまうこともあります。付属品?というか椅子は必ずあったほうが良いですね。

 

 

傷や凹みがある…!修理したほうが良いの??

日常生活の中で自然につくような小さなキズであればさほど査定に響くことはありません。しかし、大きな凹みや割れている部品、水没などがあると査定額が大きく下がってしまいます。出来る限り高く買取って貰いたいから修理しよう!と考えるかもしれません。

 

 

ですが、あまり修理に出さないほうが良いかもしれません。というのは修理代のほうが高く付いてしまうケースが多いからです。高く買取ってもらおうと思ったから直したのに、それほど査定額が高くなかった…なんて場合は悲しいですよね。基本的には直さず、自分で出来る範囲のメンテナンスで十分でしょう。